やっぱり旨い  串打ち三年、裂き八年、焼き一生。
うなぎ東和がお届けする、こだわりうなぎです。うなぎ蒲焼・うなぎ白焼きなどをご案内します。


業務用
中国産うなぎ
蒲焼たれ・山椒
うなぎボーン・肝吸い

贈答用
静岡県産うなぎ
九州産うなぎ

おいしい食べ方
注文の方法について
FAX注文はこちらから
支払方法について
セキュリティについて
更新記録とメモ書き
特定商取引法の表示
利用規約
問合せ

厳選リンク

業務用 たれTOP 蒲焼たれについて 配送について TOP


代々培った醸造の経験をもとに原料にこだわり、
うなぎの旨さを引き立たせるタレを作りました。


 
うなぎ蒲焼は醤油独特の味と香り、みりんのまろやかさと甘みによって素材の味が生きる食べ物です。主役はうなぎ自身の良し悪しですが、タレも重要な脇役を担っております。

<原材料のこだわり>
 醤油は濃厚な味の長期熟成こいくち醤油とたまり醤油を使っており、独特の旨みと風味をうなぎにつけられます。又、みりんは上質な甘味の三河みりんを使い醤油との甘辛の調和のとれたコクの深い上品な味に仕上げてあります。

●長期熟成こいくち醤油
通常の醤油の醸造期間が6ヶ月ぐらいであるのに対し更に時間をかけてねかせてからしぼっております。
長期熟成することにより、濃厚な味となり醤油の風味も強く感じられます。
●たまり醤油
愛知県三河の生引溜まり(きびきたまり)を使用しています。旨み成分が高く、コクを出すのに適しており蒲焼の老舗専門店でも、よく使われます。醤油の旨味成分の指標である窒素分が、一般の濃口醤油が1.60であるのに対し生引溜まりは2.80です。
●三河みりん
みりん本場愛知県碧南の老舗メーカーの本みりんを使っております。国産原料にこだわり、佐賀精米団地で生産されるヒヨクモチを使用しています。又、製造方法のこだわり大手メーカーと違い、昔ながらの圧搾機で搾っています。この方法で完全に搾りきらない状態で止める為、歩留まりは落ちますが良質なみりんとなります。 (このみりんメーカーのみりんかすは、まだ、みりんを含んでいるので名古屋の守口漬けに使われています。)




うなぎ東和

会社案内
うなぎ東和 TOP
Copyright(c) 2005 Unagi Towa All Rights Reserved.